旅行会社にも影響するChatGTPをはじめとするAI

あなたはChatGTPをはじめとするAIはもう使わているでしょうか?

私は2024年6月現在、CHATHUBというプログラムを利用し、
一度に
ChatGTP4.0、
Gemini、
Claude3.0、
BingCopilot
の4つのAIに質問し、それぞれから回答を得るという方法を取り利用しています。
これは非常に便利で、AIによりそれぞれ癖があり回答が違うので勉強になります。

今回は、AIを使いましょうというお話ではなく、
今後、AIは必ずみんなが自然と使うツールになっていくであろうという話です。

あなたは初めてyahooやgoogleで検索された時のことを覚えておられるでしょうか?
もしくは、初めてスマホを手にして様々なことを検索された時のことを。
革命的な出来事だったと思います。
その頃から辞書が不要になり、
タウンページが不要になり、
困ったことは直ぐにググって答えを見つける
という風に変わったことと思います。

AIはそれと同等、もしくはそれ以上の革命だと考えています。
曖昧なことでも考えてくれます。
調べ物は今までのようにググって(google検索)検索し、
一つ一つページをめくって内容を確認せずとも即座に答えを出してくれます。
サブスクリプションで毎月少しのお金を払えば、
思うイラストやエクセルの表なども作ってくれます。
ちなみに、このページのアイキャッチ画像もChatGTPに作ってもらいました。
そう思うと、今後はみんなググることを止めて、全てAIに聞くことで事足りるようになってくるのではないかと思います。

例えば、
京都で何か面白い半日観光が無いかな?
と思った時、今までならgoogle検索で
「京都 半日観光」や
「京都 面白い観光地 オススメ」
などのキーワードを入れて検索していましたが、
これからは
「何度も京都へ行っているけど、どこか半日楽しめる場所を京都で探して」
とAIに聞くと理由と共に数個の提案として答えてくれる。
という感じになります。

ちなみに、
ChatGTPに「京都で貸切バスを利用したいです。予約先を教えてください。」
と問いかけると
1番に京都貸切バス予約センター(弊社のサイト)を提案してくれます。
BingCopilotに「京都で貸切バスを予約したいのですが、連絡先を教えてください。」
と問いかけても
1番に京都貸切バス予約センター(弊社のサイト)を提案してくれます。

今のところ、AIもSEO対策されているサイトからの情報を上げてきてくれているようです。
今のうちにこの辺りも勉強し、次の一手を打っておけば、
数年後には勝ち組になっているのではと考えています。

これらは旅行業だけでなく、どんな業種でも使えそうですね。
あなたも是非取り組んでみて下さい。

皆さんの旅行業での成功を祈っています。

おすすめの記事